Call Today: 1-888-788-5353
g2 web services

Blog Category: Illicit Goods

2014年はスーパーボール、ソチ冬季オリンピック、ワールドカップサッカー等巨大スポーツイベントが目白押しです。これらのスポーツイベントはそれぞれ異なるスポーツの祭典ですが、一つ共通していることがあります。これらのイベントチケットは非常に高価になり、ディスカウントチケットを入手しようとする人々をターゲットにした様々な詐欺が横行するということです。 アクワイアラにとってはこれは多数、多額のチャージバックとそれに伴う経済的損失を意味します。 偽物を含む不正チケット販売業者は利用者を騙すために様々なテクニックを駆使、決済業界全体がチャージバックと経済的リスクにさらされます。非公式チケット販売、偽者チケット販売はアクワイアラにとってリスクであるだけでなく、ボッタクリチケット未配達、イベント会場での入場拒否、カード保有者情報漏洩等、様々な問題を引き起こします。チケット販売大手 チケットマスター米国社長Jared Smith氏によると、スーパーボールのようなイベントでは何百枚もの偽物が出回っていると警告しています[1] 。因みに、今年スーパーボールが開催されるメットライフスタジアムでは82,556人の収容が可能ですが、ソチ冬季五輪やワールドカップサッカーでは百万枚以上のチケットが販売されます。 違法チケット販売の再販は増加の一途をたどっています。FOX Sports.com の法務担当副社長は、“少数の例外を除くと偽物、盗難チケットの販売は毎年増加しています”[2]  と証言しています。実際ショッピングカートを所有する加盟店はいつでもチケット(合法、非合法を問わず)販売を開始、カード情報を含む利用者情報を詐欺を目的とした第三者に販売することが可能です。 2012年のロンド運五輪後には、無数の五輪チケットをオンライン販売していた男が逮捕されました。世界中の400人の利用者から合計40万ポンドにも及ぶ被害額が報告されました。[3] アクワイアラがその対応に追われたのはもちろん、多くの利用者、参加アスリートの親類が会場で入場拒否を受け大きなニュースとなりました。 違法チケット販売を防ぐため、G2ウェブサービスはアクワイアラ、PSP、そして利用者を保護するためにベストプラクティスを提案します。 アクワイアラ: 自社加盟店ポートフォリオ内でオリンピック、スーパーボール、ワールドカップサッカー等のイベントチケットを販売している加盟店ががあるか否か確認(G2クライアントならリクエスト可) これらのサイトが合法か否か、利用規定、注文プロセスを注意深く分析 怪しい加盟店はより高度なモニタリングを実施、商品、料金、利用規定の毎日の変化を把握 G2 の高度な加盟店サイトモニタリング は毎日の加盟店サイトの変化をアラートすることが可能です アクワイアラと利用者: 偽物と非正規チケット販売を簡単に見分ける方法は公式チケット販売開始日を知ることです。いくつかの詐欺サイトではロンドン五輪時に、公式チケット販売が販売開始される前にチケット販売を開始していました。公式チケットの販売開始日を知ることで非正規チケット販売業者を見つけることが可能です。 信じられないレベルのチケットに注意。これらのイベントのチケット販売は規制されており、極端な低価格、異常な高価格のチケットは要注意です。 利用者: ソチ五輪では公式ウェブサイト上に公式チケット販売業者をチェックできるURLチェッカーがあります。   [1] 参考リンク[2] 参考リンク[3] 参考リンク  

Post Categories: Illicit Goods, Merchant Fraud, ブログ

The start of 2014 means that some of the most exciting sporting events around the world are nearing, including Super Bowl XLVIII, the 2014 Sochi Winter Olympics and The FIFA World Cup. While these three events feature very different sports, they have one thing in common: ticket prices to attend any of these events come at a steep price and high demand. Whenever there is an in-demand, popular event like the above, scammers are sure to take advantage of spectators looking for a bargain.

For acquiring banks, that means higher chargebacks and potential financial loss.

As an acquirer, knowing what your merchants are selling is key to minimizing your risk for potential violations, especially since merchants can add products to their websites at any given moment, without your knowledge. New products are constantly put on the market, and unfortunately, illegal and risky products are often hard to detect and monitor. Without being aware of these products, you run the risk of brand damage and potential violations, including regulatory fines and even legal penalties. While the list of goods and services that violate MasterCard’s BRAM program and Visa’s Global Brand Protection program (not to mention the law) is exhaustive, G2 Web Services has compiled a list of five lesser-known products that we have identified on merchant websites that you should be on the lookout for.

Recently, the G2 Web Services team was involved in Operation Pangea VI, the annual international internet effort targeting the illegal online sale of counterfeit and unlicensed medicines and the criminal organizations behind them.

Operation Pangea is coordinated by INTERPOL, the World Customs Organization (WCO), and other international government and law enforcement agencies, and is the largest internet-based action of its kind. G2 Web Services worked behind the scenes to identify websites, map merchant relationships, and confirm merchant accounts transacting on sites selling illegal pharmaceuticals.

Post Categories: Blog, Illegal Drugs, Illicit Goods, News & Events

See how our solutions can help you.

Call Today:

1-888-788-5353

+31 613630399

us uk