Call Today: 1-888-788-5353
g2 web services

Blog Category: Merchant Fraud

2014年はスーパーボール、ソチ冬季オリンピック、ワールドカップサッカー等巨大スポーツイベントが目白押しです。これらのスポーツイベントはそれぞれ異なるスポーツの祭典ですが、一つ共通していることがあります。これらのイベントチケットは非常に高価になり、ディスカウントチケットを入手しようとする人々をターゲットにした様々な詐欺が横行するということです。 アクワイアラにとってはこれは多数、多額のチャージバックとそれに伴う経済的損失を意味します。 偽物を含む不正チケット販売業者は利用者を騙すために様々なテクニックを駆使、決済業界全体がチャージバックと経済的リスクにさらされます。非公式チケット販売、偽者チケット販売はアクワイアラにとってリスクであるだけでなく、ボッタクリチケット未配達、イベント会場での入場拒否、カード保有者情報漏洩等、様々な問題を引き起こします。チケット販売大手 チケットマスター米国社長Jared Smith氏によると、スーパーボールのようなイベントでは何百枚もの偽物が出回っていると警告しています[1] 。因みに、今年スーパーボールが開催されるメットライフスタジアムでは82,556人の収容が可能ですが、ソチ冬季五輪やワールドカップサッカーでは百万枚以上のチケットが販売されます。 違法チケット販売の再販は増加の一途をたどっています。FOX Sports.com の法務担当副社長は、“少数の例外を除くと偽物、盗難チケットの販売は毎年増加しています”[2]  と証言しています。実際ショッピングカートを所有する加盟店はいつでもチケット(合法、非合法を問わず)販売を開始、カード情報を含む利用者情報を詐欺を目的とした第三者に販売することが可能です。 2012年のロンド運五輪後には、無数の五輪チケットをオンライン販売していた男が逮捕されました。世界中の400人の利用者から合計40万ポンドにも及ぶ被害額が報告されました。[3] アクワイアラがその対応に追われたのはもちろん、多くの利用者、参加アスリートの親類が会場で入場拒否を受け大きなニュースとなりました。 違法チケット販売を防ぐため、G2ウェブサービスはアクワイアラ、PSP、そして利用者を保護するためにベストプラクティスを提案します。 アクワイアラ: 自社加盟店ポートフォリオ内でオリンピック、スーパーボール、ワールドカップサッカー等のイベントチケットを販売している加盟店ががあるか否か確認(G2クライアントならリクエスト可) これらのサイトが合法か否か、利用規定、注文プロセスを注意深く分析 怪しい加盟店はより高度なモニタリングを実施、商品、料金、利用規定の毎日の変化を把握 G2 の高度な加盟店サイトモニタリング は毎日の加盟店サイトの変化をアラートすることが可能です アクワイアラと利用者: 偽物と非正規チケット販売を簡単に見分ける方法は公式チケット販売開始日を知ることです。いくつかの詐欺サイトではロンドン五輪時に、公式チケット販売が販売開始される前にチケット販売を開始していました。公式チケットの販売開始日を知ることで非正規チケット販売業者を見つけることが可能です。 信じられないレベルのチケットに注意。これらのイベントのチケット販売は規制されており、極端な低価格、異常な高価格のチケットは要注意です。 利用者: ソチ五輪では公式ウェブサイト上に公式チケット販売業者をチェックできるURLチェッカーがあります。   [1] 参考リンク[2] 参考リンク[3] 参考リンク  

Post Categories: Illicit Goods, Merchant Fraud, ブログ

The payments industry continues to make advancements in fraud prevention and protection, leaving fraudsters to find more creative ways to cheat the system. One of the fastest growing fraud schemes today is bust-out merchants, fraudulent merchants that rack up transactions, steal money, and then close down shop before being caught. By the time the acquiring bank receives a chargeback notification, the merchant is already gone, leaving the acquiring bank responsible for chargebacks and any additional fees they incur as a result.

Post Categories: Blog, Merchant Fraud, Merchant Risk
merchant violation

Merchant fraud is a costly problem for acquirers and payment providers, with global card fraud losses reaching $11.27 billion last year, according to the Nilson Report. G2 Web Services conducted an investigative case study that demonstrated how many acquirers just one fraudulent merchant can touch. The findings were concerning, and highlighted the need for a secure, neutral location for payment providers to share fraud data to mitigate financial losses.

Post Categories: Blog, Case Study, Merchant Fraud

As the payment industry continues to undergo significant changes spurred by strong innovation and new payment methods, online merchant risks are on the rise, making it challenging for payment providers to stay one step ahead. With an increase in data compromises and government regulations, as well as new compliance concerns, the importance of performing extensive due diligence before boarding a new merchant could not be greater.

Bringing on the wrong merchant can be detrimental to your portfolio, as you could potentially bear the burden of any fraud, card network compliance violations, chargebacks and data breaches, which can cost you extensive financial damage, not to mention legal and regulatory penalties. Unfortunately, many acquirers do not thoroughly investigate their merchants’ online presence and history of risk. The good news is that many of these potential threats can be avoided by ensuring you follow the right steps and knowing exactly what to look for during the merchant boarding process.

The following are five areas of a merchant’s history to pay extra attention to at boarding:

Cyberlockers are third party file-sharing – also known as “file hosting” – services. Examples of popular cyberlockers are DropBox, Hotfile, MegaVideo, and RapidShare. While there are practical applications for this type of service – such as transferring documents and photos between friends, or collaborating with remote colleagues – these file sharing merchants can also pose immense risk to acquirers. Cyberlockers have been repeatedly found to be associated with brand damaging, risky, or even illegal content, including violent video and intellectual property rights infringement. This business model is currently largely unregulated and very difficult to monitor, so acquirers should proceed with caution.

See how our solutions can help you.

Call Today:

1-888-788-5353

+31 613630399

us uk